境界トラブルはのご相談は

境界トラブルの解決方法

測量・境界立会い・合意書取り交わしによる境界紛争解決

・隣接者との争いがまだ初期の段階で、話し合いで解決が望めそうな場合は、時間や費用が最もかからないこの方法がおすすめです。

 

 

筆界特定制度を利用した境界紛争の解決

・当事者による合意ができない場合でも、法務局の登記上ははっきりと境界線を決めておきたいとき。
・分筆や地積更正の登記の前提として必要な境界立会いに隣人が応じてくれないとき。
・筆界未定地に境界線を入れて、筆界未定を解消したいとき。

 

境界紛争解決センター※を利用する

・法務局の筆界線をとりあえず決めておくだけではなく、やはり当事者間においても今後の為に所有権界をも決めておきたいとき。
・境界トラブルの解決につき、隣人も「解決したい」といった協力姿勢があり、何も裁判までは進めなくてもよい場合。

 

このような場合、当事者の間に土地家屋調査士、弁護士が入り、解決する方法があります。

 

境界確定訴訟を利用する

 上記の3つの方法のいずれでも解決ができない場合、最終的には裁判所に訴える方法が「あります。

 

境界トラブルの解決方法記事一覧

測量・境界立会い・合意書取り交わしによる境界紛争解決

隣接者との争いがまだ初期の段階で、話し合いで解決が望めそうな場合は、時間や費用が最もかからないこの方法がおすすめです。《事例》XさんとYさんとの境界付近にはブロック塀が立っていましたが、Xさん言わく、「Yさんが過去に隣地の私に断りもなく、勝手に作ったものだ」とのことから境界トラブルになりました。ブロ...

≫続きを読む

 

筆界特定制度を利用した境界紛争の解決

「筆界特定制度」は以下の様なお悩みをお持ちの方にご利用をおすすめします。 ・分筆や地積更正登記をする前提として隣の方に立会いを求めたが、断られたとき ・立会いを求める隣接土地所有者が行方不明の場合 ・「筆界未定地」の解消をしたいとき《事例》@ Xさんは土地を分筆したかったので、Yさんに境界立会を求め...

≫続きを読む

 

境界紛争解決支援センターを利用による境界紛争解決

「境界紛争解決支援センター」は以下の様な場合にご利用をおすすめします。 ・法務局の筆界線をとりあえず決めておくだけではなく、やはり当事者間においても今後の為に所有権界をも決めておきたいとき。 ・境界トラブルの解決につき、隣人も「解決したい」といった協力姿勢があり、何も裁判までは進めなくてもよい場合。...

≫続きを読む

 

境界確定訴訟による境界紛争解決

隣接者との合意ができず、筆界特定制度や境界ADRでも解決できない場合には、最終的な手段として境界確定訴訟があります。《境界確定訴訟とは》隣接地との境界について紛争が生じた際、裁判所に訴え境界を決めていただく訴訟です。ここでいう境界は公法上の筆界のことであり、所有権界ではありません。したがって裁判官は...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
H O M E 土地の測量・登記 建物の登記 農地法の申請 料 金 表 事務所のご案内 お問い合わせ