気仙沼市の境界トラブル、筆界特定はのご相談は

筆界特定制度を利用した境界紛争の解決

筆界特定制度を利用した境界紛争の解決

「筆界特定制度」は以下の様なお悩みをお持ちの方にご利用をおすすめします。
 ・分筆や地積更正登記をする前提として隣の方に立会いを求めたが、断られたとき
 ・立会いを求める隣接土地所有者が行方不明の場合
 ・「筆界未定地」の解消をしたいとき

 

《事例》

@ Xさんは土地を分筆したかったので、Yさんに境界立会を求めたが、「境界はA−Bの線ではなくA'−B'」と主張し、境界立会が不調に終わった。
※ちなみにXさんがA'−B'で妥協したとしても、本来の筆界との差が大きい場合(公差の範囲を超える場合)、登記をすることができなくなるため、A−Bで筆界を決めていくことになります。

 

 

 

 

 

《その後》
@XさんがA−Bで筆界を主張し、筆界特定を申請した。
A法務局の筆界特定登記官により、申請書、現地の確認作業等を経て、A−Bで筆界が特定された。
BしたがってXさんはYさんの立会・承諾を得ずに、土地分筆登記をすることができた。

 

上記のように様々な事情でYさんが土地の境界線について合意をしないことはよくあります。Xさんは土地の境界の合意を得ることが目的ではなく、分筆登記をすることが目的なのですが、現行の登記実務上、境界立会いは必要となっております。隣接者がYさんの様な方ですと、分筆業務における境界立会はかなりの負担になります。こういう場合に筆界特定制度は有効となります。費用、時間は一般の登記業務よりはかかってしまいますが、境界確定訴訟と比較して時間も費用もかかりませんし、隣人との争いが大きくなることが少ないはずです。

 

《筆界特定制度のメリット・デメリット》
メリット
@隣接者と立会いをせずに登記を進められる。
A境界確定訴訟よりも時間・費用がかからない。

 

デメリット
@筆界を決めるものであり、所有権界を決めるものではないので、実際に境界標を埋設するには隣接者の合意が必要である。
A一般の登記業務よりは時間・費用がかかる。

筆界特定業務の費用

以下の(1)(2)(3)の合計が筆界特定に必要な費用となります。

 

(1)当事務所への報酬額及び費用:400,000円〜(税・実費込)

※調査、測量、申請書、意見書、図面作成及び交通費(当事務所から片道50kmまで)の費用が含まれております。
※上記報酬額400,000円〜は参考価格です。隣接者の数や測量する土地の面積・難易度によって上下いたします。まずは資料からお見積もりを作成いたします。
※土地分筆登記や土地地積更正登記の業務を行う場合、重複する調査費用や測量費用は減額させていただきます。

 

(2)申請手数料(法務局へ支払う手数料) 
申請の手数料は,土地の価格(固定資産税の評価額)によって決まります。たとえば,申請人の土地とその隣の土地の価格の合計額が4,000万円である場合には,申請手数料は,8,000円になります。

 

(3)法務局による測量の費用等
手続の中で,測量が必要となることがあります。そのときには,測量費用を負担する必要が生じます。一般的な測量の費用と同様、数10万円はかかるものと考えられます。実際の価格は申請した法務局により算出されます。

 

※当事務所において測量をし、(3)で法務局によって測量を再度発生する場合がありますが、以下のような理由が考えられます。
 ・争いの対象となる隣接者の協力が得られず、隣地の測量ができなかったときに、法務局によって隣地を測量するため
 ・申請人の提出する図面のみならず、法務局によりさらに測量することで、両当事者の公平を確保するため

必要書類等(まずは初回面談時に下記書類をご用意ください)

・固定資産税評価証明書
・過去に測量したことがある方は、所有されている図面
・法務局備付の地図(公図)
・法務局備付の地積測量図
・登記簿謄本
・所在が分かるもの(住宅地図のコピー等)
・その他、境界を主張するにつき、有力な資料
※詳細は面談時にご説明いたします。また、法務局・役所備付の登記簿謄本・図面等は当事務所により取得することもできます。

業務の流れ

【初回ご相談】 ご相談内容の聞き取り、業務・必要書類のご案内等
   
【資料調査】 法務局、役所等の資料及びお客様所有の資料の確認
   
【隣接者への挨拶】 相手方を含めた隣接者への業務の説明を行います。
   
【現場測量等】 現地の境界確認、基準点測量、現況測量を実施します。
   
【立会いの依頼】 隣接者、道路管理者に境界確認の為の立会いを依頼します。筆界特定の相手方が立ち会わない場合、その方以外の方々と立会いを実施します。
   
【境界確認】 現地で境界を確認します。
   
【合意書取り交わし】 境界合意書を作成し、署名・押印後、お客様・隣接者に1通ずつお渡しします。
   
【筆界特定申請】  申請書、図面、意見書等を作成し、筆界特定申請を行います。

よくあるご質問

 公法上の「筆界」と私法上の「所有権界」の違いは何ですか?

 

 まず所有権界ですが、例えば当事者で金銭の授受をしたりして、境界線を少しずらす合意があったとします。その際、所有権界はずらした位置に変わったと言えます。しかし、それだけでは法務局の地図(公図)の線の位置は当然変わりません。法務局の地図(公図)の線の位置は勝手にずらすことができない公のものなので、公法上の筆界となります。このケースでの筆界の変更は、土地の分筆登記をし、所有権移転登記をすることで可能となります。 


ホーム RSS購読 サイトマップ
H O M E 土地の測量・登記 建物の登記 農地法の申請 料 金 表 事務所のご案内 お問い合わせ