気仙沼市の新築時及び未登記の建物登記はお任せ下さい

気仙沼市の建物表題登記(新築時・未登記建物の登記)

建物表題登記(新築・未登記建物の登記)

建物を新築したときや未登記の建物がある場合には建物表題登記をする必要があります。
 表題登記とは、登記簿の表題部に最初にする登記のことで、建物の表題登記の場合、「どこに建っているか、どんな種類か、何階建てか、屋根はどんな種類か、床面積はいくらか、所有者は誰か」を登記することになります。所有権や抵当権の登記をする前提となる登記です。

 

※以前は建物表示登記といっておりましたが、不動産登記の改正から建物表題登記と呼ばれるようになりました。

費用

建物表示(表題)登記
  費用:80,000円〜(税・実費込)
※上記は一般的な居宅を目安にしております。面積の大きさや付属建物の有無、資料の有無等、難易度によって価格は変わります。まずは資料からお見積もりを提出させていただきます。
※移動距離が片道50kmを超える場合、別途交通費を頂戴いたします。

必要書類等

●所有権を証明する書面(下記の書面2点以上)
 ・建築確認済証(建築確認申請書・図面一式)
 ・建築検査済証
 ・工事施工業者の引渡証明書(印鑑証明書・法人の場合は登記簿謄本添付)
 ・工事施工業者からの領収書または売買契約書
 ・登記する建物の固定資産税評価証明書
 ・その他、所有権があることを証明する書面
●住民票(法人の場合は登記事項証明書)
●その他(ご先祖様の未登記建物を表示登記するときには相続を証明する書面として戸籍謄本等が必要です)
※詳細は面談時にご説明いたします。

業務の流れ

【初回ご相談】 業務の説明、必要書類のご案内、見積もりの提示をいたします。
   
【資料調査】 法務局、役所及びお客様の資料を確認します。
   
【現場調査】 登記する建物の種類・構造・形状の調査・測量を実施します。
   
【登記申請】 申請書、調査報告書及び建物図面・各界平面図を作成し、法務局へ申請します。
   
【業務終了】 登記完了証等の成果品を納品して、業務の終了となります。

よくあるご質問

 建物の登記はしなければならないの?

 

 建物の登記の中でも「報告的登記」と呼ばれるものは必要的なものです。新築時や増築時、取壊し時の登記は必要的なものです。逆に建物分割や建物合併、建物区分登記は「形成的登記」と呼ばれ、したい方がする登記です。

 

 

 

 相続の手続きをしていたら未登記の建物があったのですがどうすればいい?

 

 新築時と同様で、建物表題登記をして登記をする必要があります。古い建物ですと所有権を証明する書面が残っていない場合も多いのですが、その様な場合でも当事務所までご相談下さい。

 

 

 

 建築確認申請の図面があるのに、なぜもう一度調査・測量をするの?

 

 登記申請の際、法務局に建物図面・各階平面図を提出するので調査・測量を実施するのですが、建築基準法と不動産登記法では測量の方法が一部異なっています。床面積の算出する基準の違いもあり、現地調査をしないと分かりませんので調査をいたします。


ホーム RSS購読 サイトマップ
H O M E 土地の測量・登記 建物の登記 農地法の申請 料 金 表 事務所のご案内 お問い合わせ