気仙沼市の土地分筆、地目変更、境界トラブルはお任せ下さい

納税資金対策・節税対策

土地分筆による納税資金対策

以下の様な場合には、土地分筆登記がおすすめです。
・相続税等の納税をしなければならないが、資金が不足しており土地の一部を売却したいとき。
・土地を売却して納税の為の資金繰りをしたいが、土地が大きくて全部の売却は難しいとき。

 

土地分筆による節税対策

土地分筆登記で節税できる場合があります。

 

 

 

土地地積更正による節税対策

 

土地地積更正登記で節税できる場合があります。

 

 

建物区分による納税資金対策

相続税等の納税をしなければならないが、資金が不足しており建物の一部を売却したいときには、建物区分登記がおすすめです。

 

 

 

納税資金対策・節税対策記事一覧

土地分筆による納税資金対策

納税する資金が不足している場合に土地分筆登記を利用できる場合があります。

≫続きを読む

 

土地分筆による節税対策

土地の固定資産税の評価を下げたいときに、土地分筆登記を利用できる場合もあります。なお、分筆すれば必ず評価額が減額できるとは限りません。土地分筆登記の費用はけっこう高額なので、費用倒れにならないよう、事前の確認をしっかりとしてから土地分筆をするようにしております。

≫続きを読む

 

土地地積更正による節税対策

現況の土地の地積が登記上の地積より実際は少ない場合、土地地積更正登記をすることで固定資産税の評価額を下げることができる場合があります。なお、土地地積更正登記すれば必ず評価額が減額できるとは限りません。土地地積更正登記の費用はけっこう高額なので、費用倒れにならないよう、事前の確認をしっかりとしてから土...

≫続きを読む

 

建物区分による納税資金対策

相続税等の納税をしなければならないが、資金が不足しており建物(マンションタイプ)の一部を売却したいときには建物区分登記がおすすめです。

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
H O M E 土地の測量・登記 建物の登記 農地法の申請 料 金 表 事務所のご案内 お問い合わせ