気仙沼市の土地分筆、地目変更、境界トラブルはお任せ下さい

気仙沼市の土地分筆登記

土地分筆登記

一筆の土地の一部について

 

・抵当権を設定したいとき
・一部を売却したいとき
・一部の地目が変わったとき
には分筆登記をすることができます。また遺産分割で土地を分けて相続したいときにも利用できますし、固定資産税の評価を下げたいときに利用できる場合もあります。

 

           

費用

土地分筆登記
  費用:340,000円〜(税・実費込)
※上記は一般的な宅地を目安にしております。面積の大きさや境界標の有無、資料の有無等、難易度によって価格は変わります。まずは資料からお見積もりを提出させていただきます。
※上記価格には土地境界確定測量の費用が含まれています。
※移動距離が片道50kmを超える場合、別途交通費を頂戴いたします。

必要書類等

・過去に測量したことがある方は、所有されている図面
・法務局備付の地図(公図)
・法務局備付の地積測量図
・登記簿謄本
・所在が分かるもの(住宅地図のコピー等)
・その他、境界を主張するにつき、有力な資料
※詳細は面談時にご説明いたします。また、法務局・役所備付の登記簿謄本・図面等は当事務所により取得することもできます。

業務の流れ

【初回ご相談】 業務の説明、必要書類のご案内、見積もりの提示をいたします。
   
【資料調査】 法務局、役所及びお客様の資料を確認します。
   
【隣接者への挨拶】 これから測量をし、立会い・境界確認をする旨の説明をします。またその際、主張する境界の確認もいたします。
   
【現場調査】 境界標の確認、基準点測量、現況測量を実施します。
   
【現地立会い・境界標設置】 現地で再度境界標の埋設について立会いをし、境界標及び分割杭を設置します。
   
【合意書取り交わし】 設置した境界標を明示した図面に境界同意の署名・押印をしていただきます。
   
【登記申請】 法務局へ登記申請をします。
   
【業務終了】 境界同意書等の成果品を納品して、業務の終了となります。

よくあるご質問

 土地の分筆をするときに隣接者の立会いが必要なの?

 

 現行の登記手続きにおいては原則として必要となります。立会いに応じてもらえない場合には、筆界特定申請をする方法があります。

 

 

 

 

 土地の分筆をするときには土地の全部を測量しなければならないの?

 

 不動産登記法の改正前においては分筆する土地の一方を測量して申請する方法が採られていましたが、現行の登記手続きにおいては原則として全地測量が必要となります。例外的に一筆の一部の測量で済む場合があります。例えば広大な土地のごくわずかな部分を分筆する場合や、測量が困難な急傾斜地のわずか一部を分筆する場合等です。事前に登記官との協議が必要となりますのでご相談下さい。


ホーム RSS購読 サイトマップ
H O M E 土地の測量・登記 建物の登記 農地法の申請 料 金 表 事務所のご案内 お問い合わせ